「ポーターの基本戦略」って何??人に説明できる力を!

こんばんは!

金曜夜”担当のかず@タキプロ4期生です。

 

今回も「基礎力をつける」をテーマに情報発信します!

 

前回のブログでは、「役に立つ診断士」で話を締めくくりました。

それと関係する話で、最近、診断士の先輩からこんな話を聞きました。

 

「診断士の評判が一部で落ちている。

 独立し立ての診断士が、仕事が欲しいあまり、

 得意分野でない仕事に手を出すからだ。

 ポーターの基本戦略を勉強しているはずなのに、

 取るべき戦略を誤ってしまっている。」

 

これを聞いて、私は「なるほど」と思いました。

 

もし上記の話の意味がスッと入ってこないようであれば、

残念ながら、「ポーターの基本戦略」の勉強が

もう一度必要かもしれません

 

ところで、みなさんは「ポーターの基本戦略」を

しっかり説明することができますか?

 

他の用語でもそうですが、「知ってるレベル」では

診断士試験は合格できません。

人に説明できるレベル」まで各用語の理解を深めることが、

合格へのポイントです。

 

仮に「知ってるレベル」で合格できたとしても、

人に説明できるレベル」でなければ、

中小企業経営者に経営の助言ができないことは明白ですよね。

 

話は戻りますが、

ポーターの基本戦略」とは、下記のことを言いましたよね

 

図1

 

上図のように、

企業の取る戦略を4つ(大まかには3つ)に分けたものでした。

 

では、中小企業の定石となる戦略は、どれだったか覚えてますか?

 

 

…そう!「④差別化集中戦略」でしたよね!

 

では、なぜ「④差別化集中戦略」が定石なのか、説明できますか?

これは、消去法で説明できます。

 

まず、中小企業はターゲットを広く取ることができません

なぜなら、中小企業は経営資源(ヒトやカネなど)が

少ないからです。

 

例えば、訪問営業型のビジネスモデルを考えた場合、

関東全域の顧客を相手にしようと思っても、

数人の営業マンしかいなかったら、

全ての地域をくまなく回ろうと思ってもムリですよね

 

よって、上図の「①コストリーダーシップ戦略」と「②差別化戦略」は

中小企業は取るべきではないことが分かります。

 

つまり、前述の独立し立ての診断士(彼ら自身も中小企業です)は、

ターゲットの絞り込みをすべきだったんですね。

 

次に、低コストの戦略は、中小企業は取るべきではありません。

なぜなら、低コスト競争では大企業が圧倒的に有利だからです

 

大企業は、「規模の経済」や「経験曲線効果」、「SPA

による利益の享受を受けやすくなっています。

 

このようなメリットがある大企業に対し、

低コストの戦略で勝負をすることは無謀だと分かりますよね。

 

よって、「①コストリーダーシップ戦略」と「③コスト集中戦略」も

選択から消えることが分かります。

 

すると、残った戦略は「④差別化集中戦略」のみになります。

これが、中小企業の定石となる戦略は、

「④差別化集中戦略」であることの理由です。

 

 

今日はいかがでしたでしょうか?

 

ポーターの基本戦略」は非常に重要なフレームワークなので、

ぜひ、もう一度見直しをしてみて下さい

 

ぜひ、人に説明できるようにして下さいね

 

次回は、これまた重要なフレームワークである、

アンゾフの成長ベクトル」を扱う予定です!

お楽しみに!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タキプロ勉強会のお知らせ

【3月の予定(東京)】

・3/ 3(日) 9時半~12時 堀留町区民館  題材:H24事例2

・3/14(木) 19時~22時頃 八丁堀区民館  題材:H24事例3

・3/31(日) 9時半~12時 八丁堀区民館  題材:未定(H24事例4&1次よろず相談会)

*題材の事例について事前に解答を作成し、5部程度コピーをお持ちください。

お申込みはこちらから

 

====================

皆様の応援がタキプロの原動力となります。

ぽちっと押して、応援お願いします♪

====================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です